長く使えるベビーベッド通販の安全基準について

笑顔の赤ちゃん

生まれてくる我が子のためにベビーベッドを

赤ちゃん

妊娠が発覚して、わくわくしながらの出産準備、楽しいですよね。そんな中、最初に考えなければいけない問題が「ベビーベッドを買うか否か」だと思います。一般的なベビーベッドのサイズは120cm×70cmと、なかなか大きいサイズです。部屋のどこに置こうか、そもそも置けるスペースはあるのか、色々悩みどころですね。ビーベッドがあるのとないのとで、メリットとデメリットを考えてみました。
まずメリットは、床から離れているので衛生面の心配が少ないこと。人が歩くだけでほこりが舞うので、床に近ければ近いほどほこりを吸い込む可能性が増えますよね。兄弟がいる家庭だと、他の子が走り回ったりしてほこりが舞うのを吸い込まないのと同時に、ぶつかる危険を回避できるのも大きなメリットです。ハイハイなどが始まる前までは、ベビーベッドに寝かせておけば落ちる心配もありませんし、いつでも目が届くので安心感があります。オムツ替えの際も、ベビーベッドに乗せた方が床に寝かせて替えるよりも替えやすいです。
逆にデメリットとしては、やはり置く場所と使い終わった後どうするかかと思います。両親が布団で寝ている場合、子供も布団の方が子育てしやすいとは思いますが、やはり子供のためにはベビーベッドの方が個人的にはいいのではないかと思います。

INFORMATION

UPDATE POST

TOP